育児

【育休中ママ】1日のタイムスケジュール紹介【2児のママの場合】

こんにちは、ぺろま(@peromarche)です。

育児休暇中って、割とヒマだと思われがちな気がする今日この頃。

一人の育休経験者として言いますが、「そんなこと、全っ然ありません!!」

「休暇」って単語が入ってますが、「修行」と入れ替えたいぐらいです!

全国のママさん、ほんと毎日お疲れ様です。

育休中のママがどのように1日を過ごしているか、私の場合をご紹介します。

(当時、長男:2歳・次男:9ヶ月)

ある日のタイムスケジュールを細かく紹介

※めちゃくちゃ長いので時間がある時にどうぞ。笑

5:00 起床
・洗濯機を回す
・パパの弁当箱にご飯を詰める
・前日の食器が残っていれば洗う
・ゴミ出し準備
・自分の朝食
・パパの弁当作り

5:40
・洗濯物干し

6:00 下の子(0歳9ヶ月)が起床
・授乳

6:20
・下の子 おむつ替え&着替え
・パパの弁当作り(続き)
・パパのお茶を水筒に入れる
・保育園の連絡帳記入&持ち物チェック
・情報チェック(ピンタレストなど時間があれば)

7:00 上の子(2歳)が起床
・上の子に抱っこをせがまれ10分程度抱っこ
・上の子に何を食べるかヒアリング(大抵どれもイヤだと言われる)
・イヤイヤ言われながら、朝食を食べるように促す
・「ママが食べさせて」と言われ、仕方なく食べさせる(なかなか集中して食べず20分程度かかる)
・食後の薬を飲ませる
・上の子をトイレに行かせる(なかなか行かない)
・上の子を着替えさせる

7:50
・下の子の離乳食を作る
・離乳食を食べさせる

8:15 パパお見送り
・自分の身支度
・上の子 体温を計る

8:40 上の子を保育園に送る(下の子はバギー)

9:00 帰宅
・掃除機をかける
・フローリングウェットシートで床拭き
・朝食の食器洗い
・離乳食のストック作り(冷凍保存)
・風呂掃除
・下の子のお世話(おむつ替え、遊び相手)

10:30 下の子 朝寝
・パパのシャツをアイロンがけ

11:00
・束の間の休憩(下の子が起きたら即終了)

11:50
・離乳食準備

12:00 離乳食を食べさせる
・自分の昼ご飯
・下の子のお世話(おむつ替え、遊び相手)

13:00 ヨシケイが届く
・晩ご飯づくり
・調理器具を洗って片づける

14:00 下の子 昼寝
・洗濯物を取り込む
・洗濯物を畳んでしまう
・トイレ掃除
・束の間の休憩(下の子が起きたら即終了)

15:00 下の子 起床
・授乳
・下の子のお世話(おむつ替え、遊び相手)

16:00 保育園に迎えに行く(下の子はバギー)

16:15 帰宅
・手を洗わせる
・足を拭かせる
・牛乳を飲ませる
・上の子の遊び相手(家事をすると怒る)

17:45 離乳食を作る
・上の子がぐずったら、上の子のご飯も用意する

18:00 下の子に離乳食を食べさせる
・上の子が「ママが食べさせて」とせがむから弟と同時進行で食べさせる
・薬を飲ませる

19:00 上の子が遊びに集中してたら食器洗い
・翌日の保育園の持ち物準備

19:40 お風呂の準備

20:00 パパが帰宅
・お風呂に入るよう促す(全然言うこと聞かない)

20:20 ようやくお風呂に入る(子ども2人+私)
・上の子を洗う→湯船に入れる
・下の子を洗う
・自分を洗って全員湯船へ

20:50 お風呂を出る
・下の子を拭き上げてパパにバトンタッチ
・上の子を拭き上げてパジャマも着せる
・自分を拭いてパジャマを着る
・パパッとスキンケア、ヘアブロー
・上の子に牛乳を飲ませる
・自分の水分補給

21:15 下の子の授乳→寝かしつけ

21:30 上の子の歯磨き
・炊飯器予約セット

21:40 上の子に絵本を読んで、寝かしつけ

22:00 そのまま寝落ちor自分時間 <終>

・・・だいたいこんな感じです。
見てお分かりでしょうか?
1日の中で、束の間の休憩時間がこんなちょびっとで、しかもそれは約束されていません。
お昼寝を30分しかしてくれない時だって、平気であります。
子どもはこっちの計画なんて知ったこっちゃないので、悪気なくぶち壊してきます。
自分の計画やペースを乱されると、誰でもイライラしますよね。
育休中ママは毎日、1日中、それに立ち向かっているのです。
しかも1人で。

ストレス軽減のために改善したこと


少しでもストレスやイライラから解放されるために、1日のスケジュールで工夫していることを紹介します。

●朝型の生活に変えた
●晩ご飯はヨシケイを注文
●寝かしつけまでに最低限のことは全て済ませる

●朝型の生活に変えた


以前までは、起きてギリギリ間に合う7時に起床して、バタバタと準備を始めていました。
しかし、それでは気持ちに全然余裕がなく、上の子に対して「早くしなさい!」と怒鳴ってしまうことがしょっちゅう。
洗濯物干しも、前までは保育園に送りに行って、帰って来てから干していましたが、下の子がハイハイをし出して、目を離すことができなくなり、どうにかせねばと。
朝型の生活に変えてからは、誰にも邪魔されず、家事をスムーズにすることができ、気持ちに余裕が生まれました。
余裕が生まれた分、上の子に対しても、イライラせず対応できるように。
お兄ちゃんといえども、まだ2歳。
まだまだママに甘えたい年頃なのに、つい弟を優先してしまうのは、ほんとに反省。
どちらにも公平に、むしろお兄ちゃん優先に接するためには、時間的な余裕と心の余裕が必要だなと私は思います。
5時に起きるなんて無理!と思う方もいらっしゃるかもしれません。
私もこれまでずーっと夜型の人間でしたので、昔の自分が見たらビックリだと思います。笑
でも、大丈夫です。
寝かしつけて、そのまま一緒に寝たら、5時に起きたとしても7時間は寝てるので、意外とスッキリ起きられますよ!
私の場合、アラーム無しでも自然と目が覚めるようになりました♪

●晩ご飯はヨシケイを注文

ヨシケイ」という食材宅配サービスをご存知でしょうか?
日替わりで献立が決まっており、その日の献立に使う分だけの食材を保冷BOXに入れて家まで届けてくれるサービスです。
私は結婚するまで、料理は母親に任せっぱなしで苦手意識があったので、結婚当初からこのサービスを利用しています。
料理に慣れてきたら卒業しようかと思っていましたが、子どもができてからますます、このサービスが私の生活の支えとなりました。

★献立を考える時間が必要ない(毎日献立を考えるのは意外と大変)
★買出しに行く必要ない(天候が悪い日に子どもを連れ出さなくていい)
★栄養士が考えた献立なので、栄養バランスが良い
★食費が安定する(スーパーで必要ない物まで買ってしまう恐れがない)

大きなメリットは上記の3つです。
私は普段、プチママを利用していますが、プチママは最近リニューアルして、その日の献立の作り方を動画で紹介してくれるようになりました。
作る前に見ておくことで、段取りが把握でき、よりスムーズに作ることができるようになり、とっても便利!
ちなみに、冷凍のお弁当を注文することも可能です。
私は、下の子の産後2週間、料理をするのを控えるために、冷凍弁当を事前に注文しました。
下の子の時は里帰りしなかったので、とっても助かりました。

●寝かしつけまでに最低限のことは全て済ませる

「寝かしつけしてたら、自分もそのまま寝ちゃって、家事が全然できてない・・・泣」
このような経験、育児あるあるですよね。
私もよくありまして、夜中3時にふと目が覚めて、やり残した家事して、4時になって、いざまた寝ようとしても、頭が冴えてしまって寝たいのに寝れない!
それから眠れるまで1時間ぐらいかかって、ようやく寝れたけどすぐアラームに起こされて睡眠不足という負のスパイラル。。。
以前までは、「寝かしつけした後に残っている家事をして寝よう」と思っていたのですが、それを改めました。
寝かしつけしたら自分も寝てしまうことを前提に動くように変えました。
そうすると、「やらなきゃいけないことが残っている」という恐怖観念から解放され、朝方5時までぐっすり眠れるように。

ちなみに、私の寝かしつけまでに最低限やらなきゃいけないことは、次の通りです。
・大方の食器は食洗器にかける
・炊飯器を予約セットする
・翌日の保育園の準備

これができていれば、深夜の変な時間に起きなくてもOKにしました。
考え方を改めることで、炊飯器の中のご飯はタッパーに入れ替えれば、早めに炊飯器を洗うことができることにも、やっと気づくことができました。笑

まとめ

育休中は生活スタイルを見直すチャンス


下の子が生まれるまで、長男を保育園に通わせながら、仕事復帰をしていた時期がありました。
俗にいうワーママです。
その間は、ほんとに毎日バタバタで、しんどい!眠い!と思いながら余裕のない日々でした。
仕事は自分のペースで進められ、休憩時間もしっかり確保できたので快適でしたが。
家出る前と帰ってからが辛くて眠くて・・・生活を見直す余裕もありませんでした。
なので、家事や育児、仕事の仕方など、見直すなら育休中がチャンスだと思います。
毎日同じルーティンの繰り返しだけど、少しずつでも意識ややり方を良い方向に変えていこうとする気持ちが大事かなと。
少しでも心と時間の余裕がある暮らしになるように。
それで生まれた余裕を子どもたちとの大切な時間に使えるように。

ABOUT ME
ぺろま
ぺろま
ぺろま(@peromarche) 3歳と1歳の男児2人のママ。 現在は個人事業主として在宅で仕事中。長男は幼稚園児で次男は保育園児。 人狼好きが高じて、人狼会の主催やったことも。(@kochijinrou) めんどくさがりでズボラなアラサーです。